2003/7/10(木) Red Canyon,UTAH〜BoulderCity,NEVADA

朝6時20分出発。凍りつくように寒い。時間が1時間進んでいるから、昨日の朝の5時20分だ。時差がややこしい。
もう少しゆっくりして出発すればよかった。ただネヴァダの暑さはただもんじゃない、朝早く行動しなければいけない。
7時半途中のガスステーションで朝食をとる。
いよいよZION National Parkへ。壮大な岩の彫刻が目の前に現れる。

ZION NATIONAL PARK. UTAH

景色を見ながらゆっくり走る。2車線のワイディングが続く。
カーブを曲がると前から車がこっちに向かって来ている。
私は急ブレーキをかけた。相手の驚いた顔が見えた。自分でも何があったか理解できていない。
車とわずか30cmのところで転倒してバイクは止まった。危うく正面衝突しそうになった。頭から血の気がひいた。
幸いガードが付いているので、バイクにダメージはない。
子供を乗せた女性だった。即座に頭を下げ、バイクを起こそうとしたが、バイクを起こすことができない。
後続車の男に手をかしてもらった。彼は一人でひょいとバイクを持ち上げた。アメリカ人と日本人では食ってるものが
違う。そう感じた。何故、車がこっちに向かってきたのか、我に返り気がついた。
左側を走行していたのだ。最初のうちは右側通行を意識していたが、そのうち無意識で右側を走るように慣れて
来たところだった。どこで左車線に入ったのか思い出せない。
そういえば写真を撮るために左側の空地にバイクを止め、出発した直後だった。
頭を冷やすためゲートの近くのカフェでコーヒーを飲み頭を冷やした。
St.Georgeという町でスーパーマーケット行き、落としてしまったヘルメットロック用の鍵と必要なものを色々購入した。
広告に5ドルのものが1ドル50セントと書いてあったのでこれを買った。キャッシャーで少し金額が多いなと思い、
鍵のことをきいた。5ドルとうっていた。へたくそな英語で、クレームをつけた。結局1ドル50セントになった。いいかげ
んなものだ。
サービスカウンターに行き、トラフィックチケットの反則金を払いたいことを伝えた。ここでマネーオーダーを買えばいい
というので買おうとしたが、キャッシュでないとダメだと言われた。
仕方がないので先に進むことにした。次にNEVADA のMesquitという町に降りた。給油をし、インフォーメンションセンター
に行き郵便局があるかきいた。
郵便局に行きマネーオーダーが買えるか訊くとやはり、キャッシュでないとダメだという。私はもうすぐ日本に帰国しな
ければならないことを伝えた。クレジットカードでキャッシングできるか試してくれたがだめだった。銀行に行けばいいと
いうので、バンクオブアメリカに行った。反則金のことを話しお金がいることを伝えた。銀行の婦人は、可能であるといい
私に現金を用意してくれた。お礼をいいすぐに郵便局に向かった。
郵便局ではこのお金でマネーオーダーを購入しJUSTICE COURTに送る手続きをしてくれた。
「これがアメリカの方法よ」と郵便局の婦人は微笑みながら言った。お礼を言ってここを出た。
次にLake Meadを訪れる予定であったが、インターステートを使って宿に直行することにした。気温が112°F(44.4℃)も
ある。もう走る気がしない。前から来る風はドライヤーの熱風だ。身体も頭も消耗しきっている。
Las Vegas に近づくとインターステートは渋滞した。 インターステートを降り下道を走るが案の定、道に迷った。ストアで
ジュースを買ってそれから道を教えてもらった。
5時頃今日のホテルに着いた。ここにはカジノもあった。今日の暑さと疲れでカジノをする気にはなれなかった。
部屋に入りシャワーを浴びて家に電話をかけた。家族の声を聞き熱いものがこみ上げた。
今日の出来事と暑さのため疲労は極限に達している。夕食はホテルのレストランでステーキを食べた。とてもうまかった。

HACIENDA HOTEL BOULDER CITY. NV

本日の総走行距離 285mile、456km

NEXT
BACK
TOP

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー