2003/7/9(水) Mexican Hat,UTAH〜Red Canyon,UTAH

幾度となく居眠りをしながら朝が来た。何事もなくてよかった。
あのトラック運転手が言っていたフォーコーナーズに行ってみようと思った。
地図を見た。ここからまたアリゾナに戻りコロラドに抜けまたユタに戻ってくるルートに決めた。
約120mile余分に走らなければならない。朝5時に出発して距離をかせぐことにした。

MEXICAN HAT. UTAH
途中で給油しARIZONAをCOLORADOに向けてU.S160を走っている時不幸が訪れた。
時間を急ぐあまり、少々軽快に走りすぎた。この道はアップダウンを繰り返すうねった道だった。前の車を追い越した時、
前の山の部分から出てきたパトカーとすれちがった。私はブレーキを踏み減速した。対向車線だから大丈夫と思った。
バックミラーを見ると回転灯を点けながら追いかけてきた。すなおに道路わきにバイクを止めて降りた。

U.S 160 AZ
警官が車から降りてきた。私は何も持ってないことを示すようにヘルメットを脱ぎ両手を上げて警官に近づいていった。
警官はドアを開けドアの向こうから「そこに居ろ」と言っている。私はそこに立ち止まった。
「なぜ急いでいるんだ」と言っている。私はまったくわからない振りをした。
「英語が解るか?」と言っているので、首を横に振った。免許証、国際免許証、車検証の提示を求められどうなるんだろう
と思いながらじっとしていた。調書を執りはじめた。
俺はおまえを刑務所に入れることも出来るというようなことを言っている。
どうすればいいのか聞いた。「Slow Down」と警官は言った。
結局、トラフィックチケット(日本でいう反則キップ)をきられ反則金ををCOURTに支払う羽目になった。
私はそれを払えるだけの現金を持っていないことを告げると、カードがあるだろう、それで払えると言った。
後でこれを支払うために苦労をしたのだが。
気をとりなおしフォーコーナーズに向かった。ここはアメリカで唯一4つの州が交わるポイントだ。
ARIZONA、UTAH、COLORADO、NEW MEXICOが交わっている。

FOUR CORNERS. AZ,UT,CO,NM

フォーコーナーズに着くと他のバイカーがいた。アメリカのお決まりだ。「調子はどうだい?」と声をかけてくる。
私は「かなり悪いよ」と応える。どうしてと訊いて来る。「さっきトラフィックチケットをもらった」と言った。
お気の毒にというようなことを言い、どこから来たのかと言うので、私は「シカゴからロスに行くんだ」と言った。
彼らは3人で本田のGL1800、2台とワルキューレ1台で来ていた。私のハーレーを見て、「アメリカ人の俺たちが
日本の本田に乗って、日本人のおまえがハーレーか」と言って笑った。
そしてこうやって写真を撮るんだといって教えてくれた。4つの州に両手、両足をまたがらして写真を撮ってもらった。
ここからコロラド州を走り、再びユタ州に入る。Sunjuan付近で給油しBryce Canyon National Park目指してひたすら走る。
グランドキャニオン、モニュメントバレーも有名だが、ユタの自然はまたすごい。500kmの道中、全てすばらしい大自然
を堪能することが出来る。写真を撮ると限がないので、あまり撮らなかったが、次々に目に入ってくる自然の雄大さはす
ごい。
感動の連続だった。 是非ともここを訪れて欲しい。

いたるとこで石油を汲み上げている Capitol Reef National Park Dixie National Forest Park
Escalante Bryce Canyon Red Canyon

今日はレッドキャニオンのモーテルの予定だが、見つけることが出来ず、次の町Panguitchまで走ってしまった。
似たような名前のモーテルがあったのでフロントに行き、おばちゃんに「このモーテルはここか?」ときいた。
おばちゃんは「違うよ、8mile先だよ」と私が来た方向を指して言った。おばちゃんは私のドット疲れきった顔を見てか、
「ここに泊まりなさい。同じ値段でいいわよ。あなたが泊まろうとしているモーテルはキャビネットもないし、ここなら近くにレ
ストランもあるわよ」と言った。「あなたはもうドライブしたくないでしょ」と言った。私はキャンセルチャージがいるかも知れ
ないからと言うと、チャージがなければここに泊まるかときくので、うなずいた。結局キャンセルチャージがいらなかったの
でここに泊まることにした。

CANYON LODGE MOTEL PANGUITCH. UT
部屋に入るとツインベッドで、電話もテレビもチェストもあり昨日のモーテルとは雲泥の差だ。
近くを散歩しすぐ近くの店でフィッシュサンドとジュースを買いモーテルの芝生のベンチに座って食べた。
日が暮れるまでベンチに座り通りを見ていた。
フロントは若い娘に替わっていた。彼女の娘さんだろう。
部屋に帰り、汚れたバイクのウインドシールドを濡らしたテッシュで拭いて、部屋に入った。
少し経ってから誰かがドアをたたいた。先ほどフロントにいた若い娘だった。使い古したタオルを3枚ほど持ってきた。
どうやらこれをバイクの掃除に使ってと言っている。深く頭を下げて、お礼をいい、再び駐車場に出てバイク全体をこれで
拭いた。
行く先々で人の暖かさに触れる。今の日本はどうだろうと思った。

本日の総走行距離 473mile、757km

NEXT
BACK
TOP

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー