2003/7/15(火) 帰 国

いよいよ帰国の日が来た。後は飛行機に乗れば日本に着く。
朝6時半モーテルのバスでロスアンゼルス空港まで送ってもらい、搭乗手続きを済ませた。
セキュリティーチェックもスムーズに通過し、はじめ懸念していたサンフランシスコ空港での乗り換えも
1時間の乗り換え時間内にスムーズに出来た。
翌日の16日(水)15時30分予定通りに関西空港に着いた。
長かったようで短かった私の旅も終わった。
色々なことがあり、多くの人の助けでこの旅が無事終了した。感慨深い思いにひたった。
ここから私は大阪南港へまでバスで行きフェリーで愛媛に渡る。
バス乗り場でバスを待っていると、係員が私にどこまで行くのかたずねた。愛媛まで帰るというと、私の前に並んでいる
若い女性に私を指してこの人について行くんだよといっている、彼女は中国から来たらしい。日本語も出来ない。
結局私は愛媛まで彼女を一緒につれて帰ることになった。
フェリー乗り場に行き、どこで下りるのかをきいた。東予港だという。言葉がうまく通じないので漢字で彼女の行き先を
紙に書いた。6時10分に東予港で下りて、今治行きのバスに乗り、唐子浜で下りる。そしてこの紙を見せるように言った。
日本は初めてらしい。今治に縫製の検品の研修に来たという。
翌朝、私は東予港で彼女と一緒にフェリーを下りた。今治への連絡バスに乗るおばちゃんに彼女のことを頼んだ。
ここから私は新居浜へ向かうバスに乗った。
言葉の通じない外国に一人で来た不安な気持ちが今の私にはとてもわかる。
彼女は不安そのものの顔をしていた。私がアメリカで受けた親切を私は彼女に返すことができた。
今回の旅で私は様々なことを経験した。旅立つ前とは何かが違ったと思った。

BACK

TOP

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー