2003/7/14(月) Los Angeles, DownTown,LittleTokyo,CALIFORNIA

夜中の2時頃、突然電話が鳴った。受話器をとり、私は「Hello!」と言った。受話器の向こうで何か一言二言喋って
電話を切られた。何を言っているのかわからなかった。
私の部屋は3階だが、カーテンを開けて外を見た。
駐車場に停めている私のハーレーの近くに4,5人の男たちがいる。通路に車を止めている。まずいと思った。バイクを
物色しているのは間違いない。持ってきたペンライトを持ち出し部屋の中から照らした。彼らは気づいたようだが動こう
としない。これはやばいと思いフロントに降りた。そこには警備員がいた。
そのことをなんとか伝えた。彼はプライベートセキュリティーだから駐車場の事は責任がないと言っている。自分で行っ
てこいと言う。私は仕方なく、ペンライトを持って駐車場にでた。男たちは私に気づいた。少しの間そこに立って彼らを
見ていた。さすがにそれ以上近づく事は恐ろしくて出来なかった。そのうち男たちは動いた。
フロントに戻ると、警備員は私に「動いたか?」と訊いた。私は「ああ」と応え、「部屋から監視しているから」と言い残し
部屋に戻った。
カーテンを開け部屋のライトをつけ外を監視し続けた。後から考えるとあの電話はフロントからだったのかと思った。
ようやく夜が明けほっとした。
朝8時過ぎにバイクを返しに出かけた。空港の近くで朝食を食べ、イーグルライダーに向かった。
今回私が走ったのはイリノイ州シカゴから始まり、ミズーリー州、オクラホマ州、テキサス州、ニューメキシコ州、
アリゾナ州、ユタ州、コロラド州、ネバタ州、カリフォルニア州と10の州、総走行距離は3758mile、6012kmに
もなった。
よく走ったものだ。一日700kmを超えて走ったこともあった。
私の乗ったハーレーロードキングは車体もでかいし重い。しかしアメリカ大陸を走るならやはりハーレーだ。
アメリカの大地に良く似合う。日本のようにせせこましくない。地平線に向かってのびる道を時速60マイルで走るその
サウンドの心地良いこと。安定した走行性能を見せる。これだけ走ってもポジションの無理がないから疲れも少なかった。
私が日本で乗っているNinjaではこうはいかないと思った。
私と供に旅をしたハーレーロードキングを無事を返却し、モーテルに帰った。
日本人が恋しくなりダウンタウンのリトル東京に行くことにした。
フロントでバスの路線を訊きバスに乗った。
2箇所での乗換えが必要だ。
下りるバス停がわかりにくい。運転手に行きたい所を告げると、彼女は下りるバス停、路線を紙に書いてくれた。
これを持って行けといっている。
この路線はどうやらあまりよい路線でないようだ。 様々な人たちが乗ってくる。大きな声で何かを叫んでいる人。
不自由な自分の足のことを言い物乞いする人。
早くこのバスを下りなければと思った。途中の乗り換え場所もどことなく危ない雰囲気だった。
ようやくダウンタウン、リトル東京に着いた。

ロスアンゼルス市警 交番・日本語の看板がある 街並
LITTLE TOKYO LA. CA

日本語の看板もあり日本の本屋や、日本食の店がある。歩いている人は日本人だ。とても懐かしかった。
昼は日本食の店で和食を食べた。そしてダウンタウンのブロードウェイを歩いた。

LITTLE TOKYO
善という名の店に入った
 
BROADWAY LA. CA
帰りは空港行きのバスに乗ることにした。
この路線は、観光客が多い。客層が行きとは違っていた。空港から乗り換えモーテルの近くのバス停で下りた。
夜は近くの中華料理屋で食事をした。
明日は朝9時49分のサンフランシスコ行に乗り、サンフランシスコから関空へ渡る。
バイクも無事返せて、何の心配もなく眠ることが出来た。

NEXT
BACK
TOP

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー